■編集長/松澤明美
埼玉県出身。大学でスポーツ新聞部に所属し、その傍ら女子サッカー部を立ち上げた。卒業後は広告代理店、埼玉新聞社を経て独立。埼玉新聞社では校閲、整理、県警で研鑽を積み、念願の運動へ。運動では幼いころから好きだった高校サッカー、サッカーJリーグの大宮アルディージャなどを約10年間担当した。

■副編集長/石川哲也
1977年生まれ。大学卒業後、フリーの編集者・ライターとして活動。野球をメインにスポーツの歴史や記録に関する取材・執筆を得意分野とする。作品に『歴史ポケットスポーツ新聞 野球』『野球でメシが食えるか?』『野球の見方が180度変わる セイバーメトリクス』など。

執筆者

●酒井政人(スポーツライター) 
1977年生まれ。東農大1年で箱根駅伝の10区に出場。現在は様々なメディアで執筆中。著書に『箱根駅伝ノート』『新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図』『東京五輪マラソンで日本がメダルを取るために必要なこと』『箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術』『箱根駅伝 襷をつなぐドラマ』など。http://masatosakai.biz

●松永貴允(スポーツライター)
1991年生まれ。陸上競技を中心に、スポーツの取材・執筆を行う若手ライター。『月刊陸上競技』『ラントリップマガジン』『MELOS』などに執筆するほか、最近はマラソン芸人とともに大学女子駅伝を盛り上げる企画「大学女子駅伝応援プロジェクト」のサポートメンバーとしても活動している。

●土手克幸(スポーツライター)
1976年生まれ。不動産会社を退職後、ライターに転身。カーリング、サッカー、卓球、ボクシング、バレーボールなど幅広いスポーツの知識が持ち味。現在は2016年日本選手権から現地観戦を始めたカーリングをメインに活動中。平昌五輪では現地からその様子を『Business Journal』に寄稿した。

●松山林太郎(スポーツライター)
1974年生まれ。広島を拠点に2000年より編集・ライター業を開始。広島大学大学院総合科学研究科博士課程前期修了して、スポーツ心理学で修士(学術)取得。現在は通信講座会社勤務する傍ら、ライター業だけでなく、ボランティアでメンタルトレーナーとしても活動している。

●田端慶子(スポーツライター・九州文化研究家)
1980年生まれ。福岡を拠点に九州各地のスポーツシーンに迫る。陸上競技を筆頭に、プロ野球、サッカー、柔道など取材対象は幅広い。主な執筆歴は『西日本スポーツ』『月刊陸上競技』『月刊ホークス』『サッカーダイジェスト』『アビスパ福岡公式サイト』『毎日新聞』など。近年は九州文化研究家として、文化、旅、グルメなどの取材にも携わる。著書に『九州びいき』『博多の法則』など。http://k-creators.com

■プロデューサー/酒井政人

■編集協力/スポーツライターズカフェ